キャッシングはなぜ無担保、保証人なしで可能なのか?

今回はキャッシングの疑問について書いてみたいと思います。
というのも、キャッシングを利用される方々から多くの疑問として上がったのが「キャッシングはなぜ無担保、保証人なしで出来るの?」というものでした。

これは、銀行が行うキャッシングと消費者金融が行うキャッシングのどちらにも言えることなのですが、なぜ可能かと言いますと以下の要点が挙げられるようです。

①審査において返済が難しそうな人には貸し付けを行わない
②収入により貸し付け限度額を決めているためそもそも過剰な貸し付けが出来ない

この2つの要点によて無担保、且つ保証人なしでキャッシングを利用することが出来るようです。キャッシングの審査は甘いなどと言われていますが、それなりの審査を行っているばかりか、仮に審査に通ったとしても限度額でしっかりと規制がかけられるようですね。例えば、収入が多い割に限度額が小さいという方は、これまでの返済で何か問題を起こしているということになると思います。返済に難がある方には多くのお金を貸さない…これがキャッシングを無担保や保証人なしで行える理由なのだと思います。

逆に、社会的地位もあり返済能力が高いという方は上限が決められないという場合もあるようです。いわゆるゴールドカードやプラチナカードと呼ばれるもので、これに該当する方は上記の要項が当てはまらないということになりますね。

銀行にしろ消費者金融にしろ、キャッシングを利用する場合は社会的な信用がとても重要であることが分かったと思います。いつでも契約がスムーズに行えるよう常に社会的信用を保つようにしたいですね。

消費者金融の選び方

お金を借りるときに、どこの金融機関にお願いするのか悩みますよね。
銀行に頼もうか、それとも消費者金融に頼もうか。
もしかしたら、信販会社からお金を借りる人もいるかもしれません。

一般的に審査の厳しさは、銀行、信販会社、消費者金融の順番で厳しいと言われていますから、どうしても確実に即日でお金を借りたいという人は消費者金融を頼むのが良いでしょう。
銀行の審査を通過する自信がない人も、消費者金融を選ぶのが良いかもしれませんね。

しかし、消費者金融といっても大手消費者金融、中小の消費者金融と色々あります。どの消費者金融に申込みをしたら良いのでしょうか。

結論から言ってしまうと、消費者金融は大手消費者金融がおすすめです。
なぜなら、大手消費者金融はCMでもお馴染みで多くの人が利用していますので、闇金融である恐れがないからです。

逆を言うと、中小の消費者金融は闇金融が紛れている可能性があるので、あまり借入をおすすめできません。
中小の消費者金融の中でも、中堅消費者金融という位置づけがされたフクホーやキャッシングのフタバ、アローなどならば、安心してお金を借りることができるかもしれませんが、全く名の知られていない消費者金融だと、そのつもりはないのにいつの間にか闇金犯罪に巻き込まれている危険があります。

消費者金融銀行ローンで今すぐお金を借りる

こちら↑のサイトは、私が普段利用しているキャッシング情報サイトなのですが、情報量がかなり充実しているのでおすすめです。
やっぱり、せっかくお金を借りるからには、できるだけ低金利の消費者金融から借りたいですよね。最近の消費者金融は無利息キャッシングなる便利なサービスもあるので、場合によっては銀行よりも安上がりで済むこともあります。
お金を借りたいなら、事前に復習してから申し込むのが良いでしょう。

銀行系キャッシングの特徴

このブログでは銀行と消費者金融の違いについて書いていく情報ブログになりますが、今回は銀行系キャッシングの特徴について書いてみようと思います。

銀行系のキャッシングの最も大きな特徴は以下の2つになります。

・消費者金融に比べて金利が安い
・総量規制の対象外

これが、銀行系キャッシングの代表的な特徴になります。
単純に消費者金融に比べて金利が安いので人気があるキャッシングです。

金利だけで見れば消費者金融より最大で3%近くも安い場合があります。
但し、金利が安い分消費者金融に比べて審査が厳しいというデメリットもあります。
審査に自信が無いという方はもしかして銀行系キャッシングを利用するのは難しいかもしれないということが言えると思います。

また、総量規制の対象外ということで、収入のない専業主婦なんかも借りれたりするのが銀行系キャッシングです。逆に、消費者金融系キャッシングの場合は無収入の方は利用出来ませんので、これは大きなメリットと言っても良いと思います。但し、何度も言いますが審査はそれなりに厳しいものとなっています。収入などを審査にて加味しない分、その他の部分で厳しい審査になる可能性もあります。例えば、他社から借入のある状況というだけで銀行系キャッシングの審査に通過しない可能性すらある訳です。

この審査に厳しいという部分が銀行系キャッシングを利用するかしないかの分岐点になってくると思いますが、何より金利が安いので、キャッシングをお考えの方はまず銀行系キャッシングの審査を受けてみるのというのも経済的にキャッシングを利用する一つの方法と言えると思います。

銀行系キャッシングの特徴としては他にも細かい部分で色々とありますが、大きなところではこの2点になります。よく覚えておきましょう。

銀行法と貸金業法

銀行と消費者金融とを最も簡単に区別する為に分かりやすいものがあります。
それは、銀行は銀行法に基づいて運営され、消費者金融は貸金業法に基づいて運営されているということです。銀行法は内閣総理大臣から許可を受けなければ業務を行えませんが、貸金業法は登録をすることで業務を行うことが出来ます。

この、「許可」と「登録」という点が最も大きな違いと言えると思います。

内閣総理大臣の許可ということですから、それなりの厳しい審査を通過しなければ銀行を運営することは出来ません。最も重要となるのが資金になりますが、通常であれば一般人が用意出来ないような多額の資本金が必要となることは言うまでもありません。

一方の消費者金融については登録をすれば業務が行える訳ですが、登録といっても誰でも出来るレンタルビデオ会員の登録とは訳が違います。こちらも貸金業を行う上でのそれなりの審査を踏んでの登録となりますが銀行と比べると決して厳しいものではありません。通常の会社を興すようなイメージで良いと思います。

また、許可が降りなければ運営が出来ない銀行は金融に関する様々な業務を行えますが、登録のみで比較的簡単に出来る消費者金融が行える業務はかなり限られていることも特徴です。基本的には貸し出し業務しか行えないのが消費者金融となります。銀行が行える業務としては、多くの方が利用している預金から始まり、投資支援やコンサル、M&Aなど金融に関わるほとんどの業務を行うことが出来ます。

また、よく言われるところでは、銀行がバンクと呼ばれ、消費者金融がノンバンクと呼ばれたりします。単純に預金を出来るか出来ないかの意味ですが、この点も銀行と消費者金融の決定的な違いと言えると思います。

銀行と消費者金融の違い

銀行と消費者金融、お金を貸して利益を得るという業態という括りでは同じですが、では銀行と消費者金融は具体的にどのように違うのでしょうか。

このブログでは、銀行と消費者金融をクローズアップして、違いやどちらを使うべきかなど、読んで頂ける方にとって為になる情報をお届けしていきたいと思っています。

では、今回は最初として銀行と消費者金融の大まかな違いについて書いてみましょう。

まず、銀行ですが、よく言われることで『銀行は借り手が必要としている時には貸さず、必要でない時に貸してくる』というものがあります。

これだけ読むと銀行ってものすごく性格が悪い感じに思えてしまいますが、銀行が貸し付けを行う際の条件を踏まえると仕方がないようにも思います。銀行は、借り手側の担保や預金などで貸し付けを行います。つまり、借り手が困っている=預金が少なくなり、担保もどうなるか分からないような状況では貸し付けを行うことが出来ないんです。

逆に、預金が十分にある時は借り手も融資を必要としていませんが、それでも銀行側からすれば貸し付けをするチャンスな訳で、そこでキャンペーンなどを謳い文句に無理矢理貸し付けを行ったりするのです。このことが、先ほど言った『銀行は借り手が必要としている時には貸さず、必要でない時に貸してくる』というところに繋がってくるのだと思います。

一方、消費者金融は、無担保で借りることが出来るなど審査が甘い分、金利が非常に高いことが特徴です。審査が甘い訳ですから、借り手側から申込んでくるケースも多く、消費者金融側から営業をかけるということはほとんどありません。しかし、この担保を必要としないというところで、借金の返済が困難になり、最悪自己破産をするなど多くの問題も生んでいるのが消費者金融です。

私たちは、これらの銀行や消費者金融とどのように付き合っていけばいいのか、
そんなことをここでは書いていこうと思っています。